本文へスキップ

東京を世界で一番の都市に! TOKYO自民党

広報public

高木けい 都議会自民党幹事長 MXTV 「都議会の焦点」

2017.5.25
MXTV『都議会の焦点』高木けい幹事長

○第二回定例会に臨むにあたっての自民党の基本的な姿勢は。

(高木幹事長)
今定例会は第19期の最終議会である。
したがって4年前に私たちがお約束をした、様々な選挙公約、これがどのように果たされたのか、そしてその結論を今定例会までにどう出してきたのか、そうしたことも含めて、今定例会では議論をしていきたいと思っている。
私たちは東京を世界で一番の都市にする、この目標に向かって4年間努力をしてきた。そして昨年世界都市ランキングで、長年東京は第4位の都市だったのが、世界第3位の都市となった。私たちの努力が非常に大きく実ったと思っている。
正しい政策目標、そして着実な実行、そうしたことが私たちの東京を世界で一番の都市にすると思っている。ですからこれからも私たちはこの取り組みを続けてまいりたい。そして私たち4年前に、2020年オリンピックパラリンピックの招致を決定して頂いた。それを獲得したと言っても過言ではないと思います。
私たちはオリンピックパラリンピック2020の大会に向けてそれまでの間にやらなければならないこと、2020年という政策に時間軸をもって、今まで進んでまいりました。これも私たちはこの定例会の中で、しっかりとこれからも、この時間軸というものを引き継いでいく、こういう気持ちで頑張っていきたいと思っている。
さらに今定例会では、小池知事が昨年の8月から就任されて、およそ10か月間努力をされて、その成果も私たちの議論の対象になると思う。特に先ほど申し上げた2020年を一つの時間軸とした、都政の政策がどう進んできたのか、そしてそれをこれからどのように進めていくのか、こうしたことも私たちの今定例会のテーマだと思う。
特にその中で、オリンピックパラリンピックの進捗状況、これはどうなったのか、あるいはそれと同じように、豊洲市場の移転問題、築地市場の移転問題、これも今頓挫をしていると私ども思っているので、こうした一つ一つ決めなければならないこと、これから着実に進めていかなければならない、そして、2020年という時間軸に合わせて、どのような政策を作っていき実行していくのか、こういったことが今定例会で私は問われるべきだと思っている。
したがって、今定例会は、条例案の審議やあるいは事件案の審議もたくさんあるが、私たちは第20期都議会にどのように引き継いでいくのか、そのことも大きなテーマの一つでありますから、これからしっかりと議論を深めてまいりたい、そのように思っている。
いづれにしても、今定例会19期最後の都議会でありますから、私たちが4年間やってきたことをしっかりとこれからも引き継いでいく、東京を世界で一番の都市にする、その目標に向かって私たちは着実に歩みを進めていきたいと思う。
着実に実行し、そして着実に成果を出していく、それが自由民主党の政治でありますから、私たちこれからも変わらずに一生懸命頑張らせて頂きたいと思う。

(了)

TOKYO自民党

〒100-8910
東京都千代田区永田町1-11-23

TEL 03-3581-2036

TOKYO自民党
東京都議会自民党