本文へスキップ

自民党学生部 中央執行委員会(東京都連学生部)

TEL. 03-3581-6211

〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23 都連内

自民党学生部についてabout us

自民党学生部とは

 自民党結党当時から続く、党組織の一つです。現在までに総理大臣、閣僚、国会議員をはじめ、地方議員、地方自治体の首長など、多くの政治家を輩出し、自民党内における政治家への登竜門と言われています。
 また、政治家に限らず、そして国内外を問わず、官界、経済界、文化・芸術・芸能の分野等で多数のOB・OGが活躍しています。
 昭和42年11月に党本部直轄組織から東京都連に移籍され、日本の首都・東京から次世代を担う学生・若者が情報発信を続けています。
 多数の在席部員が、各種党活動への参加や後援会、勉強会、視察等を随時開催し、国内課題への知識向上や国際的視野から将来を見据えられる人材開発・育成を推進しています。

<参考資料>自民党学生部40年史(平成19年4月編纂)


委員長挨拶・執行部紹介

自民党学生部委員長

第58・59代委員長
飯 田 義 之(いいだ・よしゆき)
駒澤大学 法学部 4年

 みなさん、こんにちは。
 学生部委員長の飯田よしゆきです。学生部ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。私たち学生部は、半世紀以上に渡る歴史ある自民党組織の一つとして、多くの政治家を輩出するとともに、文化・芸術、経済界、官公庁など、多くのOB・OGが各分野で活躍されています。
 在席者も、大学生を中心に、入学や卒業、留学などで、常に多くの学生が入れ替わり活動に参加していますが、20名から30名余りが、常時、活動に参加しています。
 出身地も様々で、北は北海道、南は沖縄まで、全国各地から集まってきます。私自身は、東京の出身ですので、他の道府県出身の皆さんとの交流がとても新鮮で、各参加者も同じ思いを抱きながら活動しています。
 将来の希望進路も様々で、政治家志望の学生や会社員、公務員、弁護士、医師、実家の家業を継ぐなど、広くメンバーを抱えています。
 また、公職選挙法改正により、平成28年から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることから、私たちの活動も、これまで以上に、10代に焦点を当てながら、様々な活動を実施していきたいと思います。
 現役高校生も、講演会、勉強会、視察などに参加しています。
 是非、私たちと一緒に、自分たちの未来について、考えてみませんか?
 皆さんのご参加、お待ちしております。

副委員長 永 友 健 斗(ながとも・けんと)駒澤大学 法学部 4年
幹事長  長 澤 秀 信(ながさわ・ひでのぶ)専修大学 経営学部 4年
事務局長 中 谷 俊 一(なかや・しゅんいち)早稲田大学 社会科学部 4年

<学生部員・参加者・オブザーバーについて>
 学籍は、4年制大学在学生を中心に、大学院、夜間学部、専門学校など。
 住まいは、東京都内在住者が多く、神奈川、千葉、埼玉、茨城など様々です。
 在席学校実績としては、青山学院大学、青山女子短期大学、亜細亜大学、茨城キリスト教大学、お茶の水女子大学、学習院大学、神奈川大学、慶應義塾大学、工学院大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、相模女子短期大学、首都大学東京、上智大学、昭和大学、成蹊大学、専修大学、大東文化大学、拓殖大学、中央大学、中央学院大学、筑波大学、津田塾大学、帝京大学、東京学芸大学、東京経済大学、東京工芸大学、東京大学、東京音楽大学、東京デザイナー学院、東京農業大学、東京農工大学、東京理科大学、日本大学、一橋大学、法政大学、武蔵野大学、武蔵野美術大学、明海大学、明治薬科大学、目白短期大学、横浜国立大学、立教大学、早稲田大学、他。


入部までの流れ

はじめに
入部希望者からのお問い合わせ
(ウェブサイト、メール、紹介、電話等)
次に
入部説明会に参加し、面接を受けて頂きます。
(執行部と日程調整をして頂き、必要書類を提出、面接)
次に
月に1回開催される定例部会に出席して頂きます。
(学生部の全体会議にオブザーバーとして2回以上連続して出席)
次に
入部審査があります。参加姿勢等により承認されない場合があります。
(党と学生部執行部による審査と党籍確認)
次に
月に1回開催される定例部会で承認手続きが行われます。
(定例部会にて入部を承認)
正式メンバーに
部員として正式登録が完了し、議決権を得ます。
(部員として会議における議決権を取得)

バナースペース

自民党学生部

〒100-8910
東京都千代田区永田町1-11-23
都連内

TEL 03-3581-6211(内線5134)
TEL 03-3581-2036(直通)
FAX 03-3581-2120